UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

森羅万象

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(9)

・1960年代の宇宙友好協会の活動は、当時、大きな影響力を持ったそうです。当時はUFOブームでもあったようです。多くの知識人や経済人も関心を示したようです。金髪碧眼のノルディックたちも日本に来ていたのでしょうか。異星人でも街中に混じれば誰も識…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(8)

・「我々は陸地から陸地へ移動する巨大な浮遊都市のある海を見、また空には音もたてずに動いている同様に巨大な船が浮かんでいた」そうです。「浮遊都市」の宇宙母船を作ることができる超テクノロジーを持つ宇宙人は、天使クラスの異星人のようです。惑星を…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(7)

『ゴッド・コード』 遺伝子に秘められた神のメッセージ グレッグ・ブレイデン ダイヤモンド社 2011/8 <インドの『マハーバーラタ』は、古代に核戦争があったという物語> ・ヒンズー教の聖書と同様、インドの国家的叙事詩と呼ばれるものの中で、『マハーバ…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(6)

『FBI超能力捜査官マクモニーグル』 「遠隔透視」部隊の現実 (並木伸一郎・宇佐和通) (学研) 2007/2 <UFO、幽霊、数々の超常体験> ―UFOや幽霊を見たことは? ・いくらでもある。まずUFOの話から始めましょう。あれは1966年のバハマだった。深夜…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(5)

『円盤に乗った青年のマジメな話』 (昭和49年、北海道宇宙人事件の真相) (平野威馬雄) (平安書房) 1974年 <ニコロでの記者会見> 田中:「小人の丈がだいたい1メートルくらい」 <タコのような宇宙人> 平野:「こんな感じ?・・・へえ、こんな、タコ…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(4)

『宇宙人についてのマジメな話』 (平野威馬雄)(平安書店) 1974年 <母船内部の円盤発着場から降り立ち、廊下へ出ると、再び地上に降りたのではないかと錯覚するほどであった。それは渋谷か新宿の大通りの観を呈していた> <CBA(宇宙友好協会)> ・CBAの…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(3)

『UFO原理と宇宙文明—―21世紀科学への展望』 (太田竜)(日経企画出版社)1991/6 <クーパー氏の情報は大きな影響を与えた> ・クーパーによれば、米政府の極秘文書は4種類の異星人を挙げているという。一つは、米政府、MJ―12が協定を結んだ相手である…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(2)

<●●インターネット情報から●●> 『月刊ムー公式ウェブ ムーPLUS』より引用。 <地球の歴史に多種の異星人がかかわっている!「パルサー・プロジェクト」の真実> <カナダの要人が公言したUFOの存在> 「異星人はすでに地球を訪れている!」「われわれの…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(1)

『マハーバーラタ入門』 インド神話の世界 沖田瑞穂 勉誠出版 2019/5/10 <『マハーバーラタ』> ・全18巻、約10万もの詩節より成る古代インド叙事詩『マハーバーラタ』。これは従兄弟同士の戦争物語を主筋とし、その間に多くの神話、説教、哲学が織り込まれ…

1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた(11)

・「『ノア』の血統は爬虫類と人間の混血種だ。自分がノアの末裔だと主張する人々が多数いるが、これはつまり、自分は爬虫類である監視者アヌンナキの子孫だと言っていることになる」そうです。つまり自称「ノアの末裔」という存在が欧米に多くいるようなの…

1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた(10)

・神々の乗物の巨大な母船(大城砦都市)は、古代インドの大叙事詩によく登場しますし、宇宙船ヴィマーナもまた、有名のようです。デニケンによるとジャイナ教と異星人とのつながりが指摘されているようです。宇宙空間に巨大宇宙船を飛ばすほど文明が進んで…

1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた(9)

・ドイツの情報機関は、戦後には再建されたそうですが、日本の諜報機関は、日本軍のためには活動を停止させられました。しかしながら、戦後にはマッカーサー司令部のアメリカの情報組織の下部組織として、旧陸軍の大本営参謀たちは、機密工作に協力をしてさ…

1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた(8)

『恐怖の世界大陰謀』 デーヴィッド・アイク 三交社 2008/12 <共通の神話> ・「神々」と人間の異種交配は、世界のどの地域でも常に繰り返されてきたテーマだ。シュメール・タブレットからとった旧約聖書の話でも神の息子たち(正確には神々の息子たち)が…

1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた(7)

『失われたメシアの神殿『ピラミッド』の謎』 飛鳥昭雄、三神たける 学研 2010/1 <秘密組織フリーメーソン> ・預言者の組織を「フリーメーソン」という。今日、世に知られる秘密結社としてのフリーメーソンは近代フリーメーソンである。1717年にイギリスで…

1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた(6)

『完全アセンション・マニュアル』 (上・下) (ジョシュア・D・ストーン博士) (ナチュラル・スピリット)2000/11/11 <地上に存在するエーテル体のアセンション(次元移動・昇天)したマスター> <アセンション(次元移動・昇天)> ・「まずヴァイワマス…

1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた(5)

『あの世の存在に活かされる生き方』 パット・クビス&マーク・メイシー 徳間書店 1999/7 <新しい世界で生きるということ> ・霊たちのほとんどは、自分たちがこの新しい場所に「渡ってきた」ことを理解しているのですが、ここにどうやってたどり着いたのか…

1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた(4)

『スピリチュアリズム入門』 スピリチュアリズムが明かす霊現象のメカニズム&素晴らしい死後の世界 (心の道場) <シルバー・バーチ霊の語る霊界の美しさ> ・「あなた方は、まだ霊の世界の喜びを知りません。肉体の牢獄から解放され、痛みも苦しみもない…

1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた(3)

<ダンカン、ヘレン 1897-1956> ・降霊術の集いで軍事機密をばらしたとされる降霊術師。その内容は、戦死したイギリス兵が最も近しい親族に話しかけてきたものだった。結果として1944年3月、彼女は中央刑事裁判所において、1735年制定の魔術法違反で裁かれ…

1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた(2)

<秘密結社の戦争事業> Q:「ドイツの原爆をアメリカに渡したのか」 A:「そのとおりだ」 原爆の投下先を決めたフランクリン・ルーズベルト大統領は、任期中(1945年4月)に生涯の幕を閉じた。後任のトルーマン大統領はその4か月後、日本で原爆を炸裂させて…

1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた(1)

『成功していた日本の原爆実験』――隠蔽された核開発史 ロバート・ウィルコックス 勉誠出版 2019/8/1 <CIA機密調査が、日本の核開発はとん挫したという定説を覆す> ・1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた ・海上核爆発特有の雲の発…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(10)

・ヒトラーは表の歴史ではベルリンの地下壕で、愛人のエバ・ブラウンとともに毒薬を飲んで自決したとされています。そして、2人の遺体は焼却されて埋葬されたが、ソ連軍が掘り出して、歯の治療痕から「ヒトラーの遺骨」と断定されたといわれています。また…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(9)

・異星人とテレパシー交信していると本などに発表する顕在化しているコンタクティと「沈黙のコンタクティ」がいまして、沈黙のコンタクティーのほうがはるかに多いように思われます。コンタクティも目に見えない異星人からテレパシーで色々な情報を受け取る…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(8)

『地球大変動の危機を救うアセンションの光』 シリウスの超叡智2 パトリシア・コーリ 徳間書店 2011/7 <天からやってきた「神」になった二ビル星人> ・彼らは、地球時間にして何十万年の間、シリウスとラーを結ぶ宇宙のメッセンジャーの役割を果たし、私た…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(7)

<結論> ・『星からの遺産』には、未来の世界で、地球の地底に暮らす人たちが繁殖の能力を失ってしまっている話が紹介されている。彼らは、身体の正確な複製を作って石棺のような容器に保存していたが、魂がそれに入り込む決心をしなければ、それは生命のな…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(6)

『ムー』 2015年7月 No.416 <ヒトラーはマットグロッソという場所に移り住み1984年に95歳でこの世を去った> <ナチスUFOと南極エイリアン基地の謎> <ナチスの南極遠征の目的地は天空人の子孫が築いた地下都市> ・ヴリルUFOが次々と開発されていく最中の…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(5)

『大いなる秘密』(レプティリアン爬虫類人) デーヴィッド・アイク 三交社 2000 <アーリア人の祖先たちの故郷> <シャンバラと呼ばれる都市を主都とする地下王国「アガルタ」> ・「ヒトラーについていけ!彼は踊るだろう。笛を吹くのは私だ」のエッカル…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(4)

<アカシャ・フィールドについて> ・アカシャ・フィールドとは、この次元ではないところに存在する壮大で神秘的な図書館、またはスーパーコンピューターのようなものです。ここには、2億600万年前から西暦6732年までの人間一人ひとりの意識から集合意識まで…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(3)

『2000年5月5日宇宙人大襲来』 (草刈龍平)(第一企画出版)1996/12 映画インディペンデス・デイはなぜ緊急制作されたのか アメリカ政府が隠し続けた恐るべき事実 <ヒトラーが宇宙人と密約していた動かぬ証拠> <ヒトラー> ・ナチスが開発したとい…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(2)

『世界を支配する秘密結社』 (謎と真相-別冊歴史読本) (新人物往来社) 2003/5 <サンカを秘密結社として描いた三角寛(今井照容)> ・三角寛がサンカ小説を通じて活写する“サンカの社会”はサンカを秘密結社として描いている。1932年~1940年までの間に…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(1)

『ルーン文字』 古代ヨーロッパの魔術文字 ポール・ジョンソン 創元社 2009/4/18 <イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している> ・1世紀から中世末期にかけて、古代の呪術文字であるルーン文字が碑文などに残され…