日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

森羅万象

オレは、アラスカで何十頭もクマを撃ってきたから、アラスカ中のクマに指名手配をくってるんだな。(8)

・民間伝承の隠れ里や取り換え子(チェンジリング)の伝承を宇宙人の現象と結びつける説は、増えてきているようです。異人や妖精、異類婚姻譚なども宇宙人と結びつけることができるでしょう。厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いとなっている宇宙人情報…

オレは、アラスカで何十頭もクマを撃ってきたから、アラスカ中のクマに指名手配をくってるんだな。(7)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・アラスカにおける“日本人トラッパー”としての伊藤精一さんの体験は、唯一のものでしょう。生活のための狩猟からレジャーやスポーツとしてのハンティングに変化してきているようです。日本でも罠猟をしている…

オレは、アラスカで何十頭もクマを撃ってきたから、アラスカ中のクマに指名手配をくってるんだな。(6)

『日本霊異記の仏教思想』 小林真由美 青簡舎 2014/5 <『日本霊異記の異類婚姻譚―神話から仏教説話へー』> ・『日本霊異記』中巻第三十三縁は、美しい富豪の娘の身に起きた猟奇的事件の説話である。 鏡作造(かがみのつくりみやっこ)の娘万(よろづ)の子…

オレは、アラスカで何十頭もクマを撃ってきたから、アラスカ中のクマに指名手配をくってるんだな。(5)

『UFO軍事交戦録』 (コールマン・S・フォンケビスツキー)(徳間書店)1992/7 元国連広報担当官が公開する爆弾文書 <円盤と米空軍との死闘> <UFOは組織化された軍隊なのか?> ・1953年2月合衆国大陸防空司令部担当のベンジャミン・チドロー将軍…

オレは、アラスカで何十頭もクマを撃ってきたから、アラスカ中のクマに指名手配をくってるんだな。(4)

<30年近く前に来日していた金正日> ・いや、それどころか、金正日は何度も来日しているという説を唱える専門家もいる。あまりにも突拍子もないので、大半の人が信じられないだろうが、そう主張しているのが、あの北朝鮮の専門家、早稲田大学国際教養学部教…

オレは、アラスカで何十頭もクマを撃ってきたから、アラスカ中のクマに指名手配をくってるんだな。(3)

『実録 自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO』 佐藤守 元自衛隊空将・南西航空混成団司令 講談社 2010/7/22 <なぜ自衛隊でUFOはタブーなのか> ・ただ単に、「UFOなどという非科学的なものを見たというような人物は精神的にどこかおかしい」と…

オレは、アラスカで何十頭もクマを撃ってきたから、アラスカ中のクマに指名手配をくってるんだな。(2)

『山怪 弐』 山人が語る不思議な話 田中康弘 山と渓谷社 2017/1/19 <神様の孫> ・秋田県の森吉山北麓に杣(そま)温泉という一軒宿がある。ここは秘湯として、知られ、登山客も多く訪れる場所だ。温泉宿の主人であり、また地元のベテラン猟師でもある杣正…

オレは、アラスカで何十頭もクマを撃ってきたから、アラスカ中のクマに指名手配をくってるんだな。(1)

『俺のアラスカ』――伝説の“日本人トラッパー”が語る狩猟生活 著者――伊藤精一 編集・構成――すずきひさこ 作品社 2019/12/13 (本文修正:当ブログ) <アラスカ中のクマから、指名手配をくっているオレ> <森のなかで心配なのは、ヤッパリクマだね> ・やっ…

宇宙太子が「あれはオリオン人、あちらはシリウス人、むこうはアンドロメダ人、それからリラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人………」などと教えてくれた(11)

・「熊本地震」も「想定外」のことが多かったようで、避難者の救援活動がスムーズにいっていないようでした。やはりトイレに困った人々が多かったそうです。被災地では「トイレが万病の元」ともいわれているそうです。狭い車の中で夜を過ごす人も多かったの…

宇宙太子が「あれはオリオン人、あちらはシリウス人、むこうはアンドロメダ人、それからリラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人………」などと教えてくれた(10)

・グレイの「空飛ぶ円盤」に同乗していた「ナチス」とも言われている金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人といわれていましたが、ヨーロッパでよく登場したウンモ星人なのではないでしょうか。ウンモ星人も金髪碧眼で、ヨーロッパにその末裔が多く住ん…

宇宙太子が「あれはオリオン人、あちらはシリウス人、むこうはアンドロメダ人、それからリラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人………」などと教えてくれた(9)

・バイオロボットといわれるグレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックは、エンジェルともプレアデス星人ともアルデバランからきた宇宙人とも言われています。米国が宇宙連合とコンタクトしてから60年、宇宙でははるかに進化して、「プレアデスからシリ…

宇宙太子が「あれはオリオン人、あちらはシリウス人、むこうはアンドロメダ人、それからリラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人………」などと教えてくれた(8)

<ハザードマップはなぜ間違っていたのか> ・役所が指定した避難所が津波に襲われて大勢の人が亡くなったケースは、大槌町や釜石市だけでなく、陸前高田市でも宮城県三陸町でも見られている。であれば、役所の出していた想定が多くの箇所で間違っていたこと…

宇宙太子が「あれはオリオン人、あちらはシリウス人、むこうはアンドロメダ人、それからリラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人………」などと教えてくれた(7)

『「正論」 平成28年6月号 』 『東日本大震災秘話 石巻のタクシー 石原慎太郎』 ・震災から三カ月ほどしての初夏のある夜遅く石巻駅の前で客待ちしてつけていたタクシーの運転手の車に真冬みたいな分厚いコートを着た若い女性が乗り込んできた。 行く先を訪…

宇宙太子が「あれはオリオン人、あちらはシリウス人、むこうはアンドロメダ人、それからリラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人………」などと教えてくれた(6)

『山神を見た人びと』 高橋貞子 岩田書院 2009/3 <東北文化史の古層へ> ・今では有名になった『遠野物語』ですが、当時これを評価したのは泉鏡花と芥川竜之助くらいで、多くの人は趣味本位の書物にすぎないと見ていました。しかし、この発刊が機縁になって…

宇宙太子が「あれはオリオン人、あちらはシリウス人、むこうはアンドロメダ人、それからリラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人………」などと教えてくれた(5)

『オカルトの惑星』 1980年代、もう一つの世界地図 吉田司雄 青弓社 2009/2/23 <シャンバラへの旅>―80年代の日本の危うい夢(宮坂清) <アガルタの首都シャンバラ> <多彩な表象> ・ところが、1970年ごろを境にしてシャンバラやアガルタは表現の素材と…

宇宙太子が「あれはオリオン人、あちらはシリウス人、むこうはアンドロメダ人、それからリラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人………」などと教えてくれた(4)

<クマントン(座敷童)> ・座敷童(わらし)というのは、明治の初め頃、東北の小学校に現われて、小学1年生の子供と遊んだが、教師とか村会議員なんかには見えなかった。 即ち、大人には見えなかった。大騒ぎになりかけたが、童の方で遠慮し、2、3日で現わ…

宇宙太子が「あれはオリオン人、あちらはシリウス人、むこうはアンドロメダ人、それからリラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人………」などと教えてくれた(3)

『河童の文化誌』 平成編 和田寛 岩田書院 2012/2 <平成8年(1996年)> <河童の同類とされている座敷童子(ざしきわらし)> ・ザシキワラシ(座敷童子)については柳田國男の『遠野物語』によって知られていたところである。 <アメリカのニューメキシコ…

宇宙太子が「あれはオリオン人、あちらはシリウス人、むこうはアンドロメダ人、それからリラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人………」などと教えてくれた(2)

『怪異を魅せる』 怪異の時空2 飯倉義之、一柳廣孝 青弓社 2016/12/1 <『子どもと怪異』> <――松谷みよ子『死の国からのバトン』を考える 三浦正雄 / 馬見塚昭久> ・『死の国からのバトン』(偕成社)、は、『ふたりのイーダ』(講談社)などとともに、松…

宇宙太子が「あれはオリオン人、あちらはシリウス人、むこうはアンドロメダ人、それからリラ人、カシオペア人、牡牛座人、ヘルクレス人、レチクル人、リゲル人………」などと教えてくれた(1)

『プレアデス星訪問記』 上平剛史 たま出版 2009/3 <UFOに招かれる> <宇宙太子との再会> ・それは、私が故郷である岩手県に住んでいた16歳のときのことである。 <葉巻型巨大宇宙船へ> ・「葉巻型母船は長さ4キロメートル以上で、太さは一番太いとこ…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(11)

・牛神と龍神との争いが古代のスター・ウォーズというのですが、モンスタータイプの異星人が神々の役割をしていたのでしょうか。牛神というのは鬼やモーゼのように頭に二本の角が生えていたのでしょうか。モンスタータイプの異星人も種類が多いそうです。動…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(10)

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人の存在は、米国のチャネラーからの情報により、もたらされているそうです。人間死後の世界、天国のような異次元世界に出入りできる超テクノロジーを“はるかに進化した異星…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(9)

・「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうです。超太古からの堕天使と神との争いも時空を超えて、想像を絶する程度のようです。「オリオン星雲で60万年続くオリオン戦争で、これは何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(8)

図解雑学 『日本の妖怪』 編集者 小松和彦 ナツメ社 2009/7/17 <妖怪はいつの時代・どこの国にも存在> ・妖怪は、人間がそこにいる限りいつの時代・どこの国にも存在している。人知を超えた出来事に感じる畏れや、世の中の変動に伴う不安、共同体の裏側に…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(7)

<ナチスの手に渡った円盤開発の技術> <古代文明を滅ぼした核兵器の存在> ・古代インドの叙事詩『マハーバーラタ』には核兵器を思わせる兵器が登場することを、先に紹介した。インドには信じられないほど強力な兵器にまつわる話が多く伝えられている。 バ…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(6)

<世界をまるごと破壊する最終兵器> ・したがって、名称の違いは、たぶん兵器の種類やスケールの差とか、原爆、水爆、中性子爆弾といったような製造原理の違いを意味しているのだろう。 前述したアルジュナが魔神族の空中要塞を吹っ飛ばした破滅兵器とは、…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(5)

『天国の真実』 マシューブック1 マシューが教えてくれる天国の生活 スザン・ワード ナチュラル・スピリット <パートナーシップ> (スザン)同性愛のパートナーは、両者が望めばニルヴァーナ(涅槃・天国)でもそのつながりを継続できるの? (マシュー)…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(4)

『図説 奇形全書』 マルタン・モネスティエ 原書房 1999/9 <両性具有> ・庶民の言葉や医学の俗語はときに、いくつかの用語を混同して使用しており、それがある種の人々の正確な呼び方を困難にしているため、その心身の特徴が誤って定義されている。ゲイは…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(3)

『死後の世界の観光案内』 ひろさちや ごま書房 1983/5 <天上界めぐり 美酒をくみ天女と遊ぶ虹の快楽園――> <須弥山の中腹から天上界は始まる> ・天上界は、世界でいちばん高い山“須弥山”の中腹から始まる。山頂までの天上界が“地居天”であり、それより上…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(2)

<昔より生まれ変わるサイクルが早くなっている> ・その後も、松尾先生は折りにふれて宇宙と交信されています。 ・「肉体は、いわば『地球服』で単なる器です。体を抜けたら痛みも恐怖も何もなく、おだやかなる静寂があるのみです」 ・地球は、さまざまな宇…

中国は、構造的な問題を抱えて経済が失速してきた。少子高齢化だけではない。「大量投資型の経済成長モデル」が限界に達してしまったのだ。かつてのソ連でも起こった問題である。(1)

『金融再起動』 旧体制の崩壊から世界大革命へ ベンジャミン・フルフォード 秀和システム 2019/4/26 ・今、我々は、後世、歴史の教科書に、「あの時、人類の未来が変わった」と必ず書かれることになる“大変革”の最中にいる。かつて、ネイサン・ロスチャイル…